BMIってどうなの?

こんにちは!今日はみなさんお聞きした事があるBMIなどの身体の数字について少し説明したいと思います。

BMIって何?

BMI(Body Mass Index)は1994年にWHOで定めた肥満判定の国際基準です。

 

日本でも健康診断で使われているかと思います。

 

このBMIは「体重(kg)÷(身長(m) ×身長 (m))」のように求められるため、身長と体重を入力すれば、BMIの数値を計算する事が出来ます。

 

↓身長、体重の数値を入れて実際に測ってみましょう。

 

身長 (cm):
体重 (kg):

あなたのBMIは :
あなたの肥満度は :

いかがでしたか?(*上の計算が正しく動かない場合はhttp://www.health.ne.jp/check/bmi.html

計算してみてください)

日本肥満学会の数字ではそれぞれ以下の図のように定められています。

BMIの計算式は世界共通ですが、判定基準は各国で異なり、日本でのBMIの理想値は男性が22.0、女性が21.0です。これらの数値に近いほど「統計的に病気にかかりにくい体型」と疫学調査で判明しています。
逆に肥満を示す25.0を超えると、糖尿病、脳卒中、心臓病、高脂血症、高血圧などの生活習慣病にかかりやすいとされています。

しかしBMIでは分からない事も‥

BMIでは身体の体重の内容はわかりません。

例えば当ジム店長の中澤トレーナーの数字を出してみましょう。

 

中澤トレーナーの身長は177cm、体重95kgです。BMIを算出すると

BMI 30.32の数値になりBMIの上の表に当てはめると肥満(2度)になってしまいます。中澤トレーナーの鍛え抜かれた身体でもBMI上では肥満となってしまうのです。

 

重要なのは身体が何で構成されているか

以前の記事 脂肪1kgの実際の大きさはどれくらい?

でお伝えさせて頂いたように筋肉よりも脂肪の方が体積が大きく身体の体脂肪の割合が多い程、身体の代謝は悪くなり太りやすい、リバウンドしやすい身体になってしまいます。

実際の会員様のデータを見てみましょう。

↑3ヶ月で-13.5kg減!体重の落ちも素晴らしいのですが注目して頂きたいのは筋肉量が入会時とほぼ変わっていない点です。糖質制限という食事法で身体を燃費の悪い身体(体脂肪を燃焼しやすい身体にする)にしてトレーニングで体脂肪だけ落とす事で引き締まったかっこいい身体を作る事が可能です。

(*個人差がございます)

 

入会時は体脂肪率30.5%、3ヶ月後は体脂肪率20.6%、身体の体重の内訳を計算してみました。

 

 

3ヶ月で落とした体重の9割(11.2kg)を体脂肪のみを燃焼させて減量している事がわかります。

入会時よりも代謝の良い太りにくい身体になっているのです。

 

 

ご自宅に体脂肪計測付きの体重計をお持ちの方は実際にご自身の体脂肪率を調べてみてください。

健康的に痩せる体重の数値は1ヶ月に体重の5%以内が目安と言われております。

その減量の内容がほぼ体脂肪で減らせたとしたら‥!

 

 

今までカロリー制限などで体重は減ったけど見た目があまり変わらなかった、すぐリバウンドしてしまったという経験をお持ちの方は過度な食事制限で筋肉を燃焼させて減量してしまった可能性がございます。

 

大事なのはいかに体脂肪だけを狙って減量していくかという事です。健康診断の数値もかなり改善されますよ^^

 

少しわかりづらい説明になってしまいましたが、無料カウンセリングも随時受付中ですのでご興味のある方は是非当ジムの無料カウンセリングへ。
希望者には当ジムのカウンセリングで実際に体重と体脂肪率を計測して頂き減量の参考の数値の目安をアドバイスさせて頂いております。

 
カウンセリングは当ジムWEB(クリックでHPに飛びます)↓

パーソナルトレーニングジム BODIK タイランド 公式サイト

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA